毎年2月になると、温習会と言って我が町(旧大門町)の
曳山の囃子方競演会が開催されます。各町内の若者達が日頃の
練習の成果を発表する日でもあり、初めて大勢の人達の前で
笛や太鼓を奏でる若者も何人かおります。私も30年前に初めて
曳山の中に入り太鼓を打ち鳴らしたことを思い出します。
この日ばかりはみんなで昔の事を語りながらわいわいガヤガヤと
ひと時を楽しく過ごしながら若者と年寄りのコミュニケーションの場
となっております。
仕事柄新しい住宅地に伺う事も多々ありますが、その地域ごとに
特長のある、これから先何十年、何百年と受け継がれてゆく様な、
そんな行事を新しく作り、育てて行くというのもなかなかロマンがあって
良いのでは…と思っています。皆さんの町にはそんな行事がありますか?
                               
デザイナー  津島 雄右
近頃ハイブリッド車が様々なメディアで紹介され、目にすることが多くなっています。
先日、車の修理にディ-ラを訪れた時、未来的なブルーのカラーリングをした
ハイブリッド車が展示してありました。その帰り道、「近い将来あんな車が街中をたくさん走るんだろうなぁ。」と暖冬の空を見て思いました。なんでもこのハイブリット車は従来のタイプに比べて
エコカーのわりには安く、かなり販売台数を伸ばしいるそうです。


富山県の場合、特にでしょうが車は生活に欠かすことの出来ない存在です。
平均所有台数からみても最低2台分のカースペースを必要とする外構が多いようです。
当然、外構スペースの中で駐車スペースが占める面積はかなり広いものになります。
そんな場合、できれば駐車スペースもフロントの大切な一部としてとらえ、
敷地全体の一部として素敵な空間に考えられたらと思います。


車好きのオーナーの方なら、リビングから常に愛車が見えるような・・・。
例えば樹木の緑をバックに愛車を眺めたり、夜のライティングで
屋外ショールームのような雰囲気を演出してみたり・・・。
「リビングから眺める愛車が大好きなんです!」 
そんなふうにお施主の方に言ってもらえるような外構プランができたらと思うこの頃です。

                             
チーフデザイナー 篠田 尚


カースペース
寒い日は引き込もり大好き村田です。
2月14日はバレンタインでしたねぇ~、女性が男性にチョコを贈るみたいですが、
今じゃ「友チョコ」だの「逆チョコ」だのあるとか…。
お菓子メーカーの「M治チョコレート」か「M永製菓」か知りませんが上手い事
売上UPの戦略をかんがえたなぁと。
ここまで国民的行事に成長させるなんて素晴らしい限りですね。
さらに3月14日ホワイトデーって…お返しどないしましょ…。  

施工部 村田光陽
 ここ何年かドラマなんか全然見てなかったんですが、火曜日にやっている(Mちゃんの執事)は、見るようになりました。なぜかと言うと可愛い子がたくさん出ているしイケメンも多いし(まぁどのドラマもそうかもしれませんが・・・)見ていて楽しいです。
 M嶋ヒロというイケメンが出ているけどこんなカッコイイ奴どこにおった と思いました。
全く知らなかったので、あ~いい男見つけてきたなーと・・・友達になりたいくらい・・・(無理ですけど)こんな男になりたい・・・(顔がちがう
 そんなこんなでこれからどうなっていくのか楽しみです。
                                     
施工部 山根哲平
今年のバレンタインデーは土曜日でお休みの日だったため、
6歳の娘と手作りクッキーを作ることにしました。
まず2人でお買い物へ。
材料と6つの大きさの違う型を購入(←なんと6つ入りで100円今の100円ショップはすごいです)
大きさの違うクッキーを大きいものから順々に重ねていくと、ツリーのようになり
いつもと違う並べ方をしただけでとても立派に見えました。
…まぁ美味しかったのでプレゼントというより
半分くらいは私が食べてしまったのですが
※会社の方にはみなさん手作りでもって来られている中、
私だけ市販のチョコでスミマセン。        

デザイナー高倉 枝未

20009217.jpg

先週小学校には金曜日に一足早くバレンタインデーがやってきました。
(土曜日にはなかなかお友達に会えないため)
娘はチョコレートを溶かしてカップに流し込みデコレーションしたものと
クッキーを作りたいとやる気まんまん。
もう何回も一緒に作ってきたので私はもうひとりで作って下さいとお願いし
(オーブンで焼くのは私)
作っている間娘はクッキーの生地がまとまらないと独り言と涙…。
それでも1人でなんとかがんばり型抜き~デコレーション~。
焼き上がりも良く、食べ慣れたクッキーも娘が1人で作ったと思うといつもと違う味
娘も満足げ
手作りの好きな子になってね~と思った今日この頃でした。   

デザイナー大友明子


○○年使っていた洗濯機が故障し、いよいよ買い替える事に・・・。ついでに乾燥機も処分してドラム式洗濯機にかえました
少ない水でたたき洗いをするのは、少々抵抗を感じるのですが、ボタン1つで洗濯から乾燥までしてくれるのは働く主婦にとってはやはり有難い事です
出掛ける前にタイマーをセットしてスイッチを押す、『後はよろしくお願いします』と一声かけて家を出ます。帰ってくると、ふんわり暖かく乾いた洗濯物がお待ちかね
私にとっては、冬場は頼もしいお手伝いさんになりました
                       
 総務  木本 美樹子
2月5日今日朝から快晴
2月とは思えない良い天気で外周り工事をするには最高です。
砺波、高岡、富山と5物件の工事進捗と仕上り具合を確認した結果いずれも出来栄えに満足。
とはいえ、常に上を目指す風花施工部としては、向上心・創意工夫、といった基本姿勢は常に忘れずに、緊張感を持って現場に臨みたいものである。 
 
施工管理部  湶 則之
一年で最も寒い季節。展示場には雪は積もっていないものの、
毎朝、霜がおり、ほんの少し幻想的な風景を目にします
そんな中、展示場にある、ディスプレイ用のガーデンファニチャーの
霜を身にまとった姿が美しかったので、カメラにおさめてみました。

ガーデン用のファニチャーは、室内用とは違い、耐久性に優れたものが多く、
デザイン的にもおしゃれなものが数多く、市販されています。
将来、そんなお気に入りのガーデンファニチャーにゆったりと座り、
本を片手に休日を過ごす・・・理想ですね
                    
                    チーフデザイナー  篠田 尚


25.jpg
今日は雪が降ったので、まずは除雪をして、それから仕事という1日でした。
寒い中、かえって集中できたのか、午後4時には予定の作業を終え帰社しました
事務所内は、冬場という事もあってか、普段に比べると静かで、どこかゆったりとした空気が漂っているような印象をうけました
そんな中、パソコンを教えてもらったり、先日の健康診断の結果を見て、あ~でもない、こ~でもない、とちょっと話してみたり・・・。
こんな時間を事務所で過ごす事は、日常そんなにないのですが、たまには良いかな~と思った次第です。ちなみにこのブログ、A次長の帰社待ち時間にペンを取りました。
時間の有効活用です・・・なんてね!!
                           
施工部     山根 哲平
こんにちは。冬眠してみたい村田です。
何回目の登場ですかね~?何書きましょうかね~
以前、行きつけの床屋の事書いたんですが、その続きを・・・。
その床屋にはマスターのお母さんも手伝いで働いておられます。70歳くらいですかね~?。私の顔を見るたび、毎回同じ事を聞いてきますよ~。「あんた村田さんとこの?」で始まって「大きくなったね~」とか「お姉ちゃんいた?」とか「え?2人いた?」とか毎日同じ会話ですよ。・・・他にないんかい!!みたいな(笑)私の中じゃ、そのお母さんが店の名物ですよ。「マスターいつもの」って感じで
今度こっちから話しかけてみようかな??
                          
施工部     村田 光陽

プロフィール

風花スタッフ

Author:風花スタッフ
風花トヤマのスタッフが“日々の思い”をつづります。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード