ここの処、日曜日の度に雨模様で、山歩きができないでいます。
それで、少し前のことになりますが、5月10日に石川県の富士写ヶ岳(942m)
に登った時のことを書きます。


この山は、6合目~9合目にかけて石楠花(シャクナゲ)の群生が見れるのと
深田久弥氏ゆかりの山でもあり、この時期たくさんの人で賑わいます。
果たして当日も登山口の駐車場は、遠く大阪や浜松ナンバーの車もあり
いっぱいでした。


シャクナゲの見ごろは、ガイドブックによれば5月中旬となって
いるので少し時期が早いかな?などと思いつつ登っていきましたが・・・・。
な、なんと!ほとんど終わっている!!標高の高い9合目あたりにかろうじて
満開の株が2~3ありましたが、あとは、花が流れてしまっていました。
見ごろは4月下旬だったって感じです。季節が2~3週間も進んでいる!
地球温暖化の証拠かも・・・。皆さん二酸化炭素を出すのはやめましょう!



       2_20090608091658.jpg


話は変わりますが、石楠花といえばツツジ科の植物ですが、風花で植栽する
ツツジ科植物というとサツキツツジが圧倒的に多く、石楠花は入社以来
一度も植栽していないんですけど、いつの日か石楠花を植える日は
来るのでしょうか?個人的には、石楠花の儚げな姿が、サツキツツジよりも、
ずっと好みなんですけど・・・・・。


       3.jpg


                                    施工部  中村 徹














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

風花スタッフ

Author:風花スタッフ
風花トヤマのスタッフが“日々の思い”をつづります。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード