今回は『施肥』について丁度良い時期と思いましたので 
当社メンテナス読本に順じて引用しました。
目的 肥料を与えなかったために樹木が枯れることはありません。 
しかし、樹木を丈夫に育てるためには 
その成長過程で肥料を与える必要があります。
方法 植付け後1年は肥料を与える必要はありません。
   根がしっかり張るまえの樹木に肥料を与えると、
   根が傷み、樹木が弱る可能性があります。
   肥料は植付け後2年目の冬からやり始めてください。
   冬場(12~2月)に与える寒肥派、春の芽だしを助け、
   その後生育を盛んにするためです。
   肥料には油粕や鶏糞など遅効性のものを選んでください。
樹木なんとなく元気がないとかお花が咲かない等がありましたら、
3年目でも4年目でも大丈夫です、是非 お試しください 
いい結果が期待出来ます
営業・デザイナー  湶 則之
















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

風花スタッフ

Author:風花スタッフ
風花トヤマのスタッフが“日々の思い”をつづります。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード