人間、自分だけは・・・などという根拠の無い自信を持っていたりするものであるが、お盆に白馬三山縦走を試みた小生の根拠の無い自信は見事に砕け散った。

栂池から入山して白馬三山を縦走し、不帰の瞼を越えた後、八尾尾根へ下山するという山中テント2泊の予定で勇躍入山したのであるが、初日の夕方白馬岳頂上直下で雨に降られたのがけちのつき始めで、2日目は朝からミルクをぶちまけたようなガスがかかって視界がひどく悪い。それでも道は尾根伝いの一本道だからと思って杓子岳、白馬鑓ヶ岳を目指したのであるがなにせ足元の数メートル先までしか視界が利かない。晴れていれば遠くまで行くべき道が見渡せて清々しい縦走路が続いているはずなのに最悪だーなどと思いつつ雨でずっしり重くなったザックを担いで足元だけを見ながらトボトボ歩き続けていた。
時間からしてそろそろ杓子岳と白馬鑓の鞍部くらいかなと思われた場所で休憩を取っていると自分と同じ単独行の登山者に追い着かれた。今日はどこまで足を伸ばすのですか?と話しかけると、白馬岳を越えて朝日岳まで行くつもりだと言う。
エ~ッ!ということは彼とはすれ違わなければならないはずなのになぜ同じ方向を目指しているのか???訳がわからなくてしばらく彼と議論したが彼の持っていた磁石で方向を確認すると小生が間違っていることにようやく気付いた。
知らないうちにリングワンデルグ(方向感覚を失って同じ場所をぐるぐる回ってしまう現象)に陥っていたのだ!方向感覚には自信があったが完全に自信喪失、非難回避の為縦走計画はあきらめて下山したのであった。夏でも山の気象を舐めるなよ!


施工部  中村 徹














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

風花スタッフ

Author:風花スタッフ
風花トヤマのスタッフが“日々の思い”をつづります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード